グレインフリー ドッグフード

グレインフリーのドッグフードを徹底比較!!

グレインフリーのドッグフードってどんなもの?

最近注目されているドッグフードとして、
グレインフリーのドッグフードが注目されています。

 

 

このグレインフリーがどういった意味なのかというと、
穀物を使っていないということです。

 

 

ここでいう穀物とは、とうもろこし、大麦、小麦といった穀物で、
市販のドッグフードではよく使われている穀物です。

 

 

どうしてこういった穀物を使わないほうが良いのかというと、
犬が穀物を消化するときに体に負担がかかってしまうからです。

 

 

どうして身体に負担がかかるのかというと、
犬の体の構造が肉食動物に由来し、穀物を消化する酵素を持たないからです。

 

 

穀物を消化する酵素はアミラーゼというのですが、
この酵素を持たないために、穀物の消化のときに負担がかかります。

 

 

これが原因となってアレルギーを引き起こす可能性がありますよ。

 

 

食物を消化するときの身体への負担を減らすために
グレインフリーというのは注目されていて、
海外のドッグフードにもグレインフリーのものがあります。

 

 

もしあなたの愛犬がアレルギーに苦しんでいるようならば、
低アレルギーのグレインフリーのドッグフードにするといいでしょうね。

 

 

アレルギーの入っていない食事をすれば、
穀物アレルギーの犬ならば、症状も治まる可能性もありますよ。

 

 

グレインフリーのドッグフードのオススメは?

グレインフリーのドッグフードというのは、
いろいろ発売されています。

 

 

グレインフリーのフードを見ているとどれを選べばよいか
わからなくなるかもしれません。

 

 

個人的におすすめのできる
グレインフリーのドッグフードを紹介していきますね。

 

 

 

1.カナガン

 

 

ペット先進国イギリスで作られている最高級ドッグフードです。

 

このカナガンは平飼チキンを使ったドッグフードで、
高タンパク質になっていますよ。

 

平飼チキンとは、地面で飼育することによって、
余分なストレスをかけないようにしたチキンのことですね。

 

動物性タンパク質と野菜などの植物成分の比率を
適切な適切にするようにして、
愛犬の健康を保ってくれていますよ。

 

 

 

2.ファインペッツ極

 

 

このファインペッツ極は、肉類原材料が全体の90%近くにしながら、
吸収効率は87%になっていますよ。

 

 

フランス産のアヒルとオランダ産のニシンが主原料で、
ポテト類の使用は最小限になっていますね。

 

粒の大きさは8mmになっています。

 

 

製造国はオランダになっています。

 

 

 

3.ネルソンズ

 

 

イギリスのトップブリーダーが開発した
ドッグショーで勝ち抜くために考えられた、
高タンパク質で低炭水化物のレシピです。

 

 

乾燥チキンとチキン生肉の割合が多くて、
合わせると46%になりますね。

 

他にもサーモンオイルで毛並を良くし、、
オリゴ糖で腸内を整えてくれますよ。

 

グルコサミン、コンドロイチン配合で、
関節のサポートも万全です。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ